GTA5 BAN 基本仕様

・バイナリレベルでゲームデータが弄られており、些細な内容でもBAN
・予期しない想定外な不具合がゲームデータにあった場合、些細な内容でもBAN
・通信速度をいじるような何かしらのツールで公開ソロセッションにしたい場合は
 些細な内容でもBAN
・ハードウエアとの相性は、異次元レベルの都市伝説で可能性皆無
・スパイウエアやウイルスなどの個別な検知は、些細な内容でもBAN

という事で、ものすごい内容となっている
なお、ドライブの不良セクタによってデータが弄られ検出してしまい
BANのケースもある

ちなみにチーターの大半は中国で、BANされた後全額返金されて
再度購入という状況らしい

0 件のコメント:

コメントを投稿

情報はこちらへ。
ちなみに、googleIDは必須ですので
ご注意ください。

プライバシー防御の最高ソフト

Privacy Badger(Chrome、Firefox、Edge) 電子フロンティア財団(EFF)が開発しているプラグイン 広告や追跡系をさくさくとブロックし、何をブロック しているのかわかりやすく表示する。 実は他にもプラグインがあるのだが、フィッシングサイト に飛んだり、...