Cities: Skylines 新DLC2

MODを入れても、一応表示されるように
英語の文章だけが入ったものが個別公開
されていました。

あと、MODも3月26日 18時01分になぜか
更新がかかっており、タイミング的に
英語の文章だけ入った版を大急ぎで
展開したという可能性が高いです。
(これは嬉しい悲鳴)

前までの体制は個別ファイル展開で
ワークショップに途中展開はありない文化
でしたので(暴露済み)
MODの更新内容は一切信用しておらず
今回は個別公開ファイルを
問答無用で上書きしてます。

前の文化例える
完成後にアップロードしか選択が存在しない
って感じでしょうかね
今の文化を例えると
未完成でもゲームの表示がおかしくならない
ように一旦英語にして表示の辻褄を合わせる
という、良い傾向ですね
文字化け日本オリンピック開催回避ですから

ゲームリリース直後は翻訳終わってないので
英語になってても仕方ないんです。
一旦ゲームを表示させる気があるかの違いなんです

コメント

このブログの人気の投稿

各ハードウエアには互換性がある

デスストランディング PC版登場後知られてない

デスストランディング 人口は…