テレワークができる環境

まず前提として、子として従属対象でない事。

どういう事かというと、親といる環境でテレワークの場合

家族との協力も必要になるが、従属対象である事は

即ち家庭では人権が皆無な事を意味する。

それに加えて、(人権的に)協力しない対象なので

細かくこれがあるとお知らせしたとしても、

親(人権管理者)によって予定を割り込まれるのは

確実だろうと断言できる。


これは、長男や長女一番上には厳しくしないと

親が0歳からの人生が否定と同時に

家庭として負けを意味するので、割り込み天国になり

作業できる事は皆無だろう。

家にいるという事は、道具にできることを意味するからだ。

最近、毒親という言葉が少子高齢化加速によって出現したが

当時はその教育は正しかったのだ。


ちなみに、オンライン授業も同じ意味で従属対象である場合は

授業にでるのは難しい事が断言できる事になる。


0 件のコメント:

コメントを投稿

情報はこちらへ。
ちなみに、googleIDは必須ですので
ご注意ください。

日本企業ができなくなった技

コロナ鍋 コロナ鍋言われてますけど 昔はOJTという最強の育成回避技で 仕事内容見ててね、ラーニングできなかったら 使い物にならないクズだよ という事で、そのままパワハラ この手法が当たり前でした。 派遣会社なんかは、派遣先のいうがままですから 評価もそのまま超マイナスでいけます...