デスストランディング プライベートボックス

以前、あちこちのプライベートボックスに

放り込みして保存しまくっていると

容量を超える事があります。


メッセージなどで、満杯だからもう入らない

と表示されます。拠点合計1000くらいで満杯

それを回避する方法ですが、思いつく人が少ない手段

ですが、

1:床に置いて立ち去る(落とし物化する)

2:シェアボックスにどんどん入れる

3:セーフハウスを優先的に使う

があります。


1はその名の通り、配送機材や武器装備品を

ゴミ捨てスペースを決めて置いていくものです。

これは距離が離れると自動的に落とし物(シェアボックス)

に行きます。


2は同じく、シェアボックスにいらないものをプレゼント

する(ただし誰に届くか不明)という事で(シェアボックス)

に行きます。


3は少し特殊です。時雨・時雪を使った時間差です。

(拠点合計1000くらいで満杯)のあれは

ブリッジズ拠点・フレッパー拠点・セーフハウス・ポストの合計です。

ある意味無敵拠点(ブリッジズ拠点・フレッパー拠点)

を除いたポストに最優先に保存、セーフハウスに最優先に

休憩するというもの(保管可能量的にセーフハウスに軍配かな?)

尚且つ、プレイヤー名義で建てられたものを利用します。

シナリオ上やマップ上には、NPC名義のポスト・橋・セーフハウス

・ジップラインがありますが、NPC名義の場合は壊れてなくなり

ません。何十億年時雨に晒されても壊れません。

ユーザ名義の場合は、修理をしないと壊れてなくなります


壊れてなくなったセーフハウス・ポスト後には保管してあった荷物が

ばら撒かれます。

ばら撒かれると荷物にタグがついている為、即落とし物化されます。

そうなると、プライベートボックスの保管数も回復するという寸法です。

そして、他ユーザが作ってマップに現れたものを消しても同じ現象に

なるので安心できるというわけです。


今回のゲームシステムの話はどうでしたか?

利用するものは利用するではありませんが、そういう手もありまっせ

というお話でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

情報はこちらへ。
ちなみに、googleIDは必須ですので
ご注意ください。

Excelで提出は嫌だ祭りがあった

ツイッター話題です。 文化芸術活動 の20万支給のあれ 実は日本では、しっかり指定しないと動けない人です どーいう事かというと、互換性を確認する人が存在しないのです。 ファイルを一つダウンロードしてみると「xlsx」という 拡張子です。 この拡張子は途中で採用され、XMLベースの...