実はPC版だけ守りたい

全広告業界が震え上がってビルごと

揺れる恐怖のある「Heavy Ad Intervention」

これは、過剰に思い広告をカットするための機能だ

chrome://flags

で開いて「Heavy Ad Intervention」を「Enabled」

にする。

これでこの隠し機能はONになるが、実はこれはPC版

でしか使う事ができない。


どういう事かというと、広告集中するべきはスマホであって

コインマイニング等の罠はスマホで受けるべき

というグーグルの基本理念にある。

なので、アンドロイド版のクロームでは設定ができない

仕様となっている。


また、割り込み通知をする広告を静止するという隠し機能も

あり、「Quieter notification permission prompts」をON

にする必要があるが、それも同様にPC版のみとなる。


PC版とアンドロイド版の共通として、

セキュリティ→セーフブラウジング項目で

「すべてのユーザーのウェブ上のセキュリティ強化に協力する」

があるので、それをONにする事で自動情報提供できる。


0 件のコメント:

コメントを投稿

情報はこちらへ。
ちなみに、googleIDは必須ですので
ご注意ください。

プライバシー防御の最高ソフト

Privacy Badger(Chrome、Firefox、Edge) 電子フロンティア財団(EFF)が開発しているプラグイン 広告や追跡系をさくさくとブロックし、何をブロック しているのかわかりやすく表示する。 実は他にもプラグインがあるのだが、フィッシングサイト に飛んだり、...